徒然なるままに(新)
        indexへもどる

2016.10.16(日) 電子工作は難しい、とつくづく思います。PICの存在を知ってAVR90S1200を買ってPCのシリアルポートに抵抗でつなぐことからこの世界に入りました。それから10年余の年月が経ちました。
AVRの初歩的な利用は何度もデーターシートを読み返し、実験を繰り返し、先輩諸氏の教えをいただいてなんとか理解してきましたが基礎のない身にはなかなかはかどりません。
思えば、仕事に全く関係なく趣味だけでこの工作をしている人がどれだけおられるでしょうか。このページを書き始めて10年が過ぎましたがその間に連絡をいただいた方のうち趣味だけでしておられる人は数名に過ぎなかったと思います。
最近はより高度なマイクロコンピュータが増えてますます難しくなってきました。でも、あちらこちらを探しながらaruduinoやmbedをさわって見るのも楽しいものではあります。難しい話は外国語を聞いているようですが、自分の身の丈にあったところで続けていこうと思います。

2016.08.07(日) web記事の日付について。記事が書かれた時期が重要である場合が少なくありません。例えば、win10で「しばしば長時間のアップデートがあってPCが使えない」という記事が現在も残っていますが、今年2016年になってからはそれを経験しません。win10が出てしばらくはそうであったと思います。その記事が2015年の8月であったとすると「今ではどうかな」と考えますし、2016年5月ならば心配する必要があります。
というわけで私自身も書いた時期を残したいと思うのですが、ついつい忘れてしまいます。注意して書き込むようにしましょう。

2016.06.10(金)  クリーンインストールしたので、AVRの開発環境を一から作ることになりました。最新版が良いと思うので avr8-gnu-toolchain-installer-3.5.2.89-win32.any.x86.exe を入れたのですがこれには make.exe などがなくコマンドプロンプトでコンパイルができません。よくわからないので、以前に使っていた avr-toolchain-installer-3.4.2.1573-win32.win32.x86.exe をインストールしたところ以前と同じように make allを実行するだけでhexファイルができました。詳しいことは全くわからないので、また、新しいAVRデバイスを使うこともないのでこれでよいかと思っています。
なお、AVRがMicrochipに買収されたのでAVR処理ソフトのDLもやりにくくなっています。
 ついでに、AtmelStudio7.0 をインストールしてみました。かなり大きく重そうな雰囲気です。IDEで編集してビルドするとhexファイルは素直にできるのですが、いざ書き込もうとするとatmelのライタしか使うことができません。一般のライタを使おうとするとIDEを離れて別に書き込みルーチンを立てねばならないようです。以前から使っている方法ではsakuraエディタで書いて、コマンドプロンプトでビルドしてavrdude-GUIにDDして終わり、ですから簡単です。もっとも、makefileを少し書き換える必要はありますが。

2016.06.02(木)  win10の調整にかかっているうちに、気圧計の指示がおかしくなりました。秒を刻んでくれない上に年月日もおかしい表示です。PCを繋いで記録を取ると直前まで正常だったようです。
リセットしても変わりません。プログラムを入れ替えても変わりません。仕方なく、脚をつけたチップ(小さな基板)を押さえてグリグリすると正常表示になることがあります。真鍮で作った脚の接触不良が考えられます。取り外してサンドペーパーで磨きました。それだけで正常に戻りました。

2016.05.20 (金)  メインPC(デスクトップ)がクリーンインストールのwin10になりました。ハードドライブC:のゴミが無くなってすっきりしましたが、何をしようにも道具がありません。ややこしいユーザー登録を済ましてなんとかデスクトップを作りました。
クリーンインストールにする前のwin10は今までのユーザーが継続出来ましたのでパスワードが短かったり、パスワードなしでも作れたのですが今では2種類の文字で6文字を使わねばなりません。何回も立ち上げる(スリープからも含めて)のに面倒です。MSは一般のことを考えていないのでしょう。家庭で自分だけが使うPCにはパスワードはいらないのです。「なしでもOK」の幅が欲しいものです。
この文章はヘテムルクリエイターで書いていますが、その設定もやり直しです。私の場合はXPから8.1へと引っ張ってきましたので10年を超える設定もあるわけですから完成までが大変です。
いまやっと、これが書けるまでになりました。

2016.05.13 (金)  カシオに関数電卓の件をメールで連絡したところ、現物を見たいから送ってほしいとの返事がありました。とっくの昔に状況をキャッチしていてその対策も講じていることと思っていましたが案外そうではないような感じです。
電卓を送りました。今日は金曜日ですから動きは週明けになるでしょう。どんな結果になるのでしょうか。
アマリリスが全開になりました。3つの大きな花です。


2016.05.10 (火)  webでも有名な「剥げる電卓」CASIO fx-375ES です。
数字キーの幾つかの文字が全くなくなってしまったのでなんとか使えるようにしました。

プリンタで白黒反転の数字を印刷して、表面にポリプロピレンの粘着テープを貼り、裏面に両面テープを貼ってつけました。不細工ですが文字がないよりは使いやすいものです。
この製品は使用テストなしに発売したのでしょうか。少し使ってみれば塗料が剥げるにはわかったものだと思うのですがいかがでしょう。¥100均の電卓でもこんな不細工なものは見たことがありません。

2016.05.08 (日)  5年ほど前にいただいたアマリリスが今年はじめて花をつけました。

昨年に液体肥料をしっかりやったからかもしれません。初めて見ましたが大きな花です。
隣のペチュニアと蚊よけ草(センテッドゼラニウムとか)も花盛りになりました。

この蚊よけ草もかなりの年数になりますが、これを置いてからはベランダに出ても蚊に刺されることはなくなりました。我が家ではよくきいています。ここ何年か蚊取り器をつけることもなくなっています。

2016.05.04 (水)  机の上に第2作目の気圧計を置いています。1時間毎の記録を取るためにRTCを内蔵しましたので、表示にも使うことにしています。
液晶画面には、
 16/ 5/ 4  1009
  9:26:30   28.5
と表示されています。もちろん年月日、気圧、時刻、温度の値です。
実際に置いてみて意外と気に入ってるのが 月日 の表示です。ほとんど仕事がなくなった今ではときどき「今日は何日だったかなあ」とおぼろげになることがあります。電波時計を置けば簡単なのですがなぜかこの窓際は電波が得にくく電波時計の更新ができません。
便利になると頭脳が衰えるのかもしれませんが、月日が目の前にあるのは私にとっては便利です。

2015. 03. 23 (月)  大阪はこれからどうなるのであろうか。5月17日まで、あと2ヶ月もない。大阪市の解体については利点は具体的に何も説明していない。「今よりよくなる」というだけで大阪市民の大半が動いてしまう。大阪市5分割に賛成する人が多いとの世論調査結果ばかりが出てくる。私は大阪市に住んでいないので分割・解体されたら得をするのかもしれないが、大阪市の区域が衰退すれば大阪府全体が沈んでしまうだろう。
 橋下、松井、維新の会関係者は真に市民のことを考えているのだろうか。大阪に賭博場ができて、その利益の大半は賭博場を経営する外国に持って行かれ、賭博場の不利益--博打依存者の増加、風紀の乱れ、犯罪の増加--だけが残るのではないか。そして、そこへ持っていった張本人達は適当な見返りをもらってほくそ笑むのかもしれない。
 人間は真実を知るために大きな犠牲を払わねばならないから、大阪が壊滅して初めて気がつくのかもしれない。先の戦争で日本の民が大きな犠牲を払ったように。

2015. 03. 21 (土)  今日は春分の日で土曜日。特には関係がないが・・・。
 堺市のプラネタリウムでオーロラの映像を公開しているので見物することにした。今まで一度も行ったことはないのですが、堺市在住で65歳以上であれば無料で入場できます。年齢証明を思っていざ出発。
 観客は少なかったので好みの席に座れました。頭上のドームにオーロラが映しだされます。今まで見た写真や、テレビ映像に比べると立体感があって素晴らしい物でした。静かな音楽を聞きながら美しく流れるオーロラを見ているといつしか夢路へ。
 心地よいひとときを過ごして帰ってきました。

2015. 03. 20 (金)  3年前に引き受けた仕事が本日終了しました。お世話になった多くの方にお礼の挨拶を申し上げて帰ってきました。
 週に3日の仕事でしたが、準備と後始末に意外な時間がかかって、そこそこに忙しい毎日でした。明日からはそれがなくなるので体は楽になると思いますが、朝起きても行かなければならないところがなくなって、また、寂しくなりそうです。
 この間、電子工作はすっかり休んでしましました。これから時間がだきるので再開したいと思っていますが3年の間にほぼ完全に知識を忘れ去っているようです。先日も自分の過去のページを見ましたが、肝心なところがわからない状態です。  







 
inserted by FC2 system