ESP8266 メ モ   

 覚え書きです。

 1 aruduino-IDE 1.8.1 のインストール 
 2 espボードの登録(Arduino-IDEに) 再掲 





 1 aruduino-IDE 1.8.1 のインストール   2017.03.08

 Arduino-IDEで使えるのでESP-8266を使うことにしましたので、このIEDは必須です。Arduinoは2つに別れていたそうですが1.8.1版では再び一つになっているそうです。
このページから、右にあるDOWNLOAD ARDUINO IDEの2つ目にある「WINDOWS ZIP FILE」を利用しました。
解凍してできた arduino-1.8.1を C:\MicroC\Arduino\ に置いています。c:\programfiles には置いていません。
この C:\MicroC\ フォルダには私が使う AVR R8C/M12A mbed などのフォルダを置いています。
   C:\MicroC\
        +- Arduino −−−+- arduino-1.8.
        +- Avr      +- sketchbook
        +- mbed
        +- ESP8266
        +- R8C/M12A
sketchbookはこの場所に変更しています。

top


 2 espボードの登録(Arduino-IDEに)   2017.02.13

 aruduino-IDEで処理するためにsep8266ボードを登録します。こちらのページを参考にしました。
1.aruduino-IDE 1.8.1 はすでにインストールしてあります。
2.指示に従って上記のページに示された  http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json を
 Arduino-IDEの「ファイル」→「環境設定」→「追加のボードマネージャーのURL」にペーストします。
3.「ツール」→「ボード」→「Bords Managerをクリック」
4.最後の欄にある ESPボード をクリック。
5.最新バージョンを指定して、「インストール」をクリック。
6.IDEの設定でボードは「Generic ESP8266 Module」を選択します。
7.「Flush Size」は4M(1M SPIFFS)を選びました。(3Mはかけない、という...)
8.書込装置は esptool とのことですが、ないのでデフォルトの 「AVRISP mkII」で書込みができました。
9.Reset Method は ck にしています。(GPIO0は手動設定、リセットも手動)
top


















工事中
























    2017.02.12

top
inserted by FC2 system